クモ駆除 忌避 クモクリン 害虫 ニュース

 

Top > クモクリンプロとは

カメムシ大発生!

平成26年 (2014年) 5月 2日
山口県農林総合技術センター(山口県病害虫防除所)の調査によると、今年は本県におけるモモやナシ等の果実に被害を与えるカメムシ類の発生が多くなる見込みです。
5~9月に果実被害が発生すると予想されることから、技術資料を発表し、防除対策の徹底を呼びかけました。

 岡山県は24日、モモやナシなどに被害を与える「果樹カメムシ類」の大量発生が予想されるとして、生産農家に対策を呼び掛ける注意報を県内全域に出した。発令は2010年以来4年ぶりです。

 果樹カメムシ類はチャバネアオカメムシ(体長10〜12ミリ)やクサギカメムシ(同13〜18ミリ)などの総称。針のような口を果実に突き刺して汁を吸い、表面の凸凹や生育不良を引き起こす。

 県病害虫防除所(赤磐市神田沖)によると、カメムシが餌とするスギやヒノキの実が13年に多くなったため、大量の個体が越冬。活動を活発化させる5月中旬から8月上旬にかけて平年の2〜3倍の発生が懸念される。

 全国では今年に入り、福岡や愛媛など5県が注意報を発令。同防除所は「農薬散布などの防除を徹底してほしい」としている。


クモ駆除 忌避 クモクリン 害虫 ニュース

カメムシ駆除
Copyright(c) 2014 クモ駆除・忌避 クモクリン プロ  All Rights Reserved.